芹澤歯科医院 055-922-5161

055-922-5161055-922-5161

メニュー

ホーム > 診療内容 > 歯周病治療 予防歯科

歯周病治療 予防歯科

診療内容

当院の歯周病治療

歯周病とはこんな病気です

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染し、歯ぐき(歯肉)が腫れたり、または出血などで疲弊し、最終的には歯が抜けてしまう事になる恐ろしい病気です。

日本人が歯を失う最も大きな原因であり、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いと思われます。
実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計もあります。

注意!歯周病は体にこのような悪影響、、、。

最近の研究で、歯周病菌が全身のトラブルに関係していることがわかってきています。血流や気管から侵入した歯周病菌が、さまざまな器官で 炎症を起こすなど、他の病気の引き金となる可能性が高いのです。

歯周病菌が関係する体のトラブル

肺炎 誤って気管に入った歯周病菌が肺で炎症を起こします。そのため、高齢者の誤嚥性肺炎予防には、歯周病コントロールのための口腔ケアが推進されています。
血管障害・動脈硬化(心臓病・脳梗塞) 血流に侵入した歯周病菌は、血管内で炎症を起こしたり、血栓を作ったりします。そのため、心臓病・心内膜炎・心筋梗塞、動脈硬化・脳梗塞の引き金になることがあります。
糖尿病 免疫力に深い関係がある糖尿病や歯周病。歯周病をコントロールすることで、血糖値コントロールにもつながります。
早産・低体重児出産 歯周病菌は陣痛にも似た筋肉の収縮を引き起こすことがあります。

歯周病の原因と進行について

歯周病の主な原因は、歯磨きが適切に行われなかったことにより、食べかす等の汚れが歯面に付着し、細菌が繁殖することです。
また、この細菌が菌体外多糖という物を作って堆積し、バイオフィルムという細菌の塊を形成します。

バイオフィルムはとても厄介で、通常のブラッシングでは除去し難く、歯周ポケットに入り込んだ場合歯ブラシやフロスだけでの除去はまず不可能です。
このバイオフィルムが歯周組織や歯槽骨、歯根膜をも浸食し溶かしてしまうと最終的には歯が抜け落ちてしまうという結果になります。

歯周病治療について

丁寧な歯垢除去と処置

スケーラーと呼ばれる専用の機器を用いて歯面や歯根面に付着した歯垢やバイオフィルムを丁寧に除去していきます。
その後、ルートプレーニング(表面を滑らかにする処置)を行う事で歯垢の再付着を防ぎ、虫歯や歯周病を予防します。

予防歯科の重要性

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから歯医者さんに行き、それから治療を行うという流れが多かったと思います。
しかしそれでは、だんだんと大切なご自身の歯を失うこととなってしまいます。
虫歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めて…を繰り返しますと、最終的にはどうなってしまうかご理解いただけると思います。

これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、いかに健康な状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。

12歳児の日本人のむし歯保有数を、予防歯科の先進国であるフィンランドの12歳児と比較すると、約4倍になっています。その差は「予防歯科」にあると言われているようです。
当院では、患者様ごとに適した予防歯科プログラムを行い、痛みもなく、かえって心地いいとご好評を頂いております。
予防歯科とは現在はもとより未来にも繋がる「究極の無痛治療」ともいえます。

私たちにおまかせください!

お口の健康を維持するために、もっとも重要なことが歯の清掃。
効果的な歯の清掃のためには、毎日の歯みがきといったセルフケアに加え、歯科医院で受けるプロケアを取り入れることが大切です。

お口のケアのプロフェッショナルといえば歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師の処置を補助するだけで なく、お口の健康管理について十分な知識と技術を持つプロスタッフ。予防の基本となるお口のクリーニングやアドバイスを通して、患者さん のお口の健康をサポートする心強い存在です。お口の健康についての不安や気になっていることがあれば、どうぞお気軽におたずねください。
ご自分でカバーできないお口のケアは、予防のプロフェッショナルである歯科衛生士にお任せください。
素敵な笑顔の応援隊になります。

予防歯科の定番(PMTC)

PMTCとは

PMTCとは、【Professional Mechanical Tooth Cleaning】の略です。 日本語に直訳すると「歯科衛生士が行うお口のクリーニング」ということとなります。
当院では、虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。
実際にPMTCを経験されると歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。

当院ではお子様にもPMTCを推奨しております。

PMTCで得られる効果

虫歯予防 お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。
歯周病の改善 お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
口臭予防 おくちの中にいる菌の減少により、口臭も軽減します。
審美性の向上 着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。
歯質の強化 フッ素入りの研磨ペーストを用いることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します

位相差顕微鏡と歯ブラシ指導

患者さんのお口の中から、ほんの少しだけプラーク(歯垢)を採取して、それを顕微鏡で見ます。顕微鏡で見ることで、現在の菌の状態を確認し、どういった治療法を行なうのがベストかを判断することができます。

子供にも位相差顕微鏡での指導を行っております。

画面で見ることにより、治療への意識も向上します。

ページの先頭へ戻る