055-922-5161055-922-5161

メニュー

ホーム > 小児歯科 > マイナス1歳からの予防歯科 マタニティー歯科

マイナス1歳からの予防歯科 マタニティー歯科

妊婦さんのお口の健康はお腹の赤ちゃんにも影響します

もしかして、妊娠中は歯科治療を受けられないと思っていませんか?
確かに妊婦さんの歯科診療は通常と異なり、気をつけなければならない点が多々ありますが、妊娠中は特に口腔ケアが大切な時期でもあります。
静岡県沼津市大岡の「芹澤歯科医院」は妊婦さんのためのマタニティ歯科にも対応している歯医者です。何でもお気軽にご相談いただけますので、ご予約の際に妊娠していることをお知らせください。必要に応じて産科の主治医の先生と連携して治療を行います。

妊娠中のお口の変化について

妊娠すると身体にはさまざまな変化が見られます。ホルモンのバランスが変化するだけでなく、食の好みが変わったり、つわりがあったり、体調が変わることがほとんどです。お口の中の環境も変化するので、むし歯や歯周病が発症したり進行したりしやすくなります。

小児歯科に力を入れている沼津の芹澤歯科医院では「マイナス1歳からの予防歯科」にも取り組み、妊婦さんのお口の健康をサポートしています。

マイナス1歳からの予防歯科

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯の原因菌は存在しません。それではいつ、どのようにむし歯菌が感染するのでしょうか?
それはまわりの大人の唾液から感染するのです。赤ちゃんと一緒に過ごす時間が長いお母様から感染することが多いので、「母子感染する」といわれています。
生活の中でいつの間にか感染してしまっているむし歯菌ですが、できるだけ感染を遅らせることが大切です。

赤ちゃんにむし歯をうつさないためにできること
  • お子様専用のコップやお皿、スプーンやフォークを用意しましょう
  • 食べ物の口うつしはやめましょう
  • スキンシップのキスは手やお口まわりにしないように気をつけてください
  • ご家族そろってむし歯治療を受けて、お口の中のむし歯の原因菌をできるだけ減らしましょう

マタニティ歯科の診療タイミング

妊娠初期(4ヶ月ころまで)は「つわり」があり、体調が優れず、切迫流産をしやすい時期なので歯科治療はおすすめできません。治療するにしても応急処置程度にとどめておきます。また妊娠晩期(8ヶ月以降)はお腹も大きくなり、診療ユニットに横たわるのも辛くなりますし、いつ陣痛が起きてもおかしくありませんので、この時期の治療は避けて出産後に延ばすことをおすすめします。

歯科受診に適しているタイミングは妊娠中期です。安定期ともいわれている時期で、ほとんどの歯科治療が可能です。とくにお口の中にお悩みがない場合でも、一度診察を受けましょう。口腔ケアを受けて、お口の中をきれいにしてむし歯や歯周病の予防につなげてください。

また妊娠前にむし歯や歯周病の治療を行うことも大切です。妊娠を予期できる場合には、まず歯科検診を受けてお口の健康を手に入れておくことをおすすめします。

こちらのページもご覧ください

ページの先頭へ戻る