芹澤歯科医院 055-922-5161

055-922-5161055-922-5161

メニュー

ホーム > 小児歯科 > 小児歯科診療案内

小児歯科診療案内

小児歯科

芹澤歯科医院の小児歯科の特徴

歯科診療を通して地域の皆様のお口の健康をサポートし、とくに小児歯科に力を入れている沼津市大岡の歯医者「芹澤歯科医院」の診療案内です。
心からのおもてなしを大切に、お子様へのお声がけを忘れずに、治療において「やる気」を引き起こすように努めています。

私たちは、「がんばり」を認めてあげることで治療に前向きになってくれるお子様をたくさん見てきました。また、むし歯予防につながる「まいこ先生からのアドバイス」もありますのでぜひ参考になさってください。

歯をなるべく削らないむし歯治療

歯はいったん削ってしまうと元には戻りません。
当院ではいきなり歯を削り出すのではなく、「ダイアグノデント」というむし歯診断器を活用しています。
ダイアグノデントは、初期虫歯を診断し、むし歯の進行段階を数値化する装置です。
歯面にレーザーを照射するだけで、歯質の変化を捉えられるので、むし歯治療が必要かどうかの判断ができ、歯質の削り過ぎも防げます。
数値で表されるので患者様にも分かりやすいと好評です。

親子で行う予防歯科

お子様は一人ではしっかり口腔ケアはできません。むし歯予防のための基本は毎日のセルフケアですので、当院ではお口の状態やお子様の成長段階に合わせた歯みがき指導を行います。親御様の仕上げみがきのコツもアドバイスしますので、毎晩眠る前にはお口の中を清潔にして、就寝中のむし歯の発症や進行を防いでいきましょう。

歯科医院では、歯面へのフッ素塗布や専門的な歯のクリーニング(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行います。毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアで楽しくむし歯予防を続けていきましょう。

安心治療のために
~ラバーダムの活用~

ラバーダムとは、治療の際に歯に被せるシート。
治療する歯に特殊な器具をひっかけて、その歯だけをシートの上に出します。
すると露出するのは治療する歯だけになり、その部位の治療に集中できます。
治療部分以外の派だけでなく、舌や歯ぐきも露出していないので、薬剤をこぼしたり誤って傷つけたりということも防げるというわけです。

治療をスムーズに進められるので、ドクターにとっても患者様にとっても負担の軽減につながります。このようにメリットの多いラバーダムは北米などでは広く使われていますが、日本ではコストがかかることもあり、まだあまり使用されていません。しかし、当院では安心で安全な治療の一端としてラバーダムを活用しています。

芹澤歯科医院の小児歯科について

まいこ先生(小児担当/副院長)からのアドバイス

こちらのページもご覧ください

ページの先頭へ戻る